千歳川中流域での川流れ記録(5月)

2021年度より開始となった千歳川中流域・インフレータブルカヤック体験も開始から1カ月が経過し、周辺のお客様のご利用を賜りながら少しずつ愉しみ方も見えてきた感じがございます。

たった1カ月でも変わる川の表情をまとめてみました。

4月上旬の千歳川中流域の様子、まだ緑も見られない頃から踏査が始まりました。
舞鶴大橋発着点の様子、雪は解けたとはいえ寒々しいです。
この川の良いところは、整備された船着き場があることです。
親水体験にこれほどまで整っている環境を使わせてもらえるのは、有難いことです。
4月の週末に町内のT様と一緒に流れてみました。
実際の感想や意見などを踏まえて、サービスのブラッシュアップを図りました。
パドリングの練習は船着き場で可能です。結構広い面積があります。
連休に入って、少しずつ緑が見えてきました。
両岸のヤナギの緑が徐々に濃くなっていきます。

ガイドも慣れるにしたがって、生物の住みそうな場所など目が肥えて見つけれるようになってきます。

連休後も川流れの雰囲気がぐんぐん増してゆきます。
AIRDOのB737-700
川下りのコース上に南風の時に新千歳空港へ着陸する航路があり、風次第ですが飛行機が眺められます。

穏やかな気候になる初夏は、水面で美味しいものやドリンクなどのおやつタイム、ちょっとした親水体験などもできるかもしれません。
遊ぶなら濡れても良い服装がおすすめです。
カワニナもいるので、ホタルの存在が気になりました。


千歳川中流域・インフレータブルカヤック体験のフライヤーはコチラからダウンロードできます。
(PDF形式・約1.7MB)


ご予約・お問合せは以下の予約サイトで承っております。(リクエスト予約可能です)

じゃらんnet
アクティビティジャパン

催行日が確定したものは、弊社予約でも承ります。

>>千歳川中流域・インフレータブルカヤック体験の紹介ページはコチラから。

ツアー催行元

HORTO札幌
(合同会社 北海道地域観光計画)

〒061-0234
北海道石狩郡当別町西町23番地6
電話:0133-27-5918
ファクス:0133-27-5919

北海道知事登録旅行サービス手配業第61号