札幌近郊の川でチャレンジ、ガイド完全フォロー・最初からやってみるワカサギ釣り1日体験。

札幌市の境界となる川面に穴を開けて、テントを建ててワカサギを狙います。

ウィズコロナ準拠。どうせ楽しむなら北海道らしいホンモノの体験が良いかも。

 北海道の冬のアクティビティの中では定番で人気のあるプログラムである「ワカサギ釣り」。例年12月の末から3月の中頃まで札幌市内や近郊の河川や河跡湖も結氷により乗れるようになり、氷上に穴を開けてテントを張ってワカサギを釣ることができます。

 氷上のイメージがつきにくいかもしれませんが、その感覚はまるで雪の平面を歩いているようであり、ガイドに言われるまでそこが夏の水面であることに気づかないお客様も多いくらいです。専用のドリルで穴を開けて、水が穴から出てくるところを見るとすぐ、普段の生活ではできない北海道らしい楽しみを存分に感じることができます。

 当社ではこれまで、お客様に気軽に楽しんでいただくために「上げ膳据え膳」で氷上の釣りを楽しんでいただくスタイルでの体験提供を行ってまいりましたが、実際に催行するとそれ以上に「氷に穴を開けたい」とか、「テントを立ててみたい」など、アクティブに体験されたいお客様が多いことに気づきました。時には「ホワイトアウトを体験してみたい」などのチャレンジャーなリクエストを受けたこともございます。そうすると時間的にも半日の体験では少々タイトになってしまい、今までのスケジュール感だと急かされる感もあります。

安心してお楽しみいただくために。

 せっかくの愉しみを提供する側としては、エサをつけたり、外したりなどが苦手な方もいらっしゃるので、当然ながら1テント1ガイドのフォローも必要と考えました。一般的にはテントや専用のハウス内では、そのツアーのお客様が相席で身を寄せ合いながら釣りを楽しむイメージが強くあり、実際に定員が4~6名のテントやハウスの場合、効率だけを考えると相席にすることは事業者にとっても都合よく、お客様にとっても低廉に楽しめるメリットがあります。しかし、ウィズコロナの時代に不用意に相席にして催行することがこのウイルスの感染リスクを高める、最悪クラスターを発生させる可能性も否定できない、安全な催行を実現する責任からそのような考えに現時点では至っております。

「お客様と一緒にテントを張ってみよう」
「わかさぎドリルで穴をあけて、そこで釣ってみよう」
「ついでにスノーシューで氷上や周辺を歩いてみよう」
「氷上ジンパ(ジンギスカンパーティー)もいいよね」

ウィズコロナにあって、特に今シーズンは「ワカサギ釣りを核としたパーソナルな北海道の外遊び」が必要だと考えました。もちろんそれはコストだけで考えると高くなることを意味しますから、価格面で敷居が高くなることは避けられません。ただ、北海道の冬季で人気のアクティビティのワカサギ釣りとスノーシューハイクをセットするだけで、きっと価格以上の面白い遊びができると感じました。

gotoトラベル

当社プランではGo Toトラベル地域共通クーポン(紙・電子)に対応しております。また、日帰旅行商品として体験そのものがGo Toトラベルの割引に対応しているものもございます。

釣り場の現在の状況や過去の気温なども随時公開中です。

この体験でこんなことができるかも?

1:釣り場までスノーシューで雪上や氷上を歩いてみる。(希望者のみ)

釣り場は札幌の隣、石狩市が基本となります。もちろん便利な設備はございませんが、それだからこそ自然が相手です。
スノーシューで雪原を進み、結氷した川を歩いてみましょう。
釣り場は氷の表層の上に水が上がり、それを繰り返して厚みを増してゆきます。ですので川の上はシャーベット状の雪の上を歩く感じになりますので、スノーシューが断然有利になるわけです。
もちろん河川敷を歩くだけでもスノーシューの浮遊感はじゅうぶん楽しめます。

2:氷の上にワカサギ釣りの穴をあけてみる。

この穴あけに憧れる方も多くいます。

意外と大きなドリルを使って開けますが、結氷時の氷の厚さは最大70センチになることも。シャーベット状の氷なので比較的開けやすいですが、それでも大仕事になります。実はこの穴あけに憧れるお客様が多いです。それであれば自分たちが釣る穴を開けてみるのが一番かもしれません。良い経験になりますよ。
夜の海鮮丼争奪、穴が開くタイムを競うのも面白いかもしれません。
もちろん、ガイドが徹底フォローいたします。

3:氷上にワカサギテントを張ってみる。

テントを張るのはキャンプで経験、という方が大多数かもしれません。
通常のテントとワカサギ釣り用のテントの決定的な違いは、フロア部分にテント生地がなく開放されているか、この点に尽きます。
ですからテントというよりはタープに近いものがあります。ふきっさらしの風で飛ばないようにするため周囲にペグを打ちますが、これも打つ先は氷。
どのように固定するか、これが快適なワカサギ釣りに欠かせないポイントとなります。こんな経験も案外面白いかもしれませんね。

4:そのテントに入って釣ってみる。

一生懸命に建てたテントでワカサギ釣りを楽しみましょう。
簡易暖房もございますし、必要な方にはウエアの無償レンタルも行っておりますのでご安心ください。このテントが雪遊びの拠点となります。
ガイドもお客様の釣りのフォローや北海道の四方山話をしっかりさせていただきます。
ちなみに、グループの場合スポンサーとなった方はなぜか釣れないというジンクスがあり、純粋無垢なお子様はバンバン釣る傾向が強くあります・・・・。

5:ワカサギをその場所で天ぷらにしてみる。

一番心苦しくも美味しく頂く瞬間です。
釣ったワカサギを下処理して、天ぷらや唐揚げにして食べてみましょう。
この時にノンアルコールビールがあると最高ですね。もちろんガイドが基本行いますので、しっかりと調理されるところを見届けていただければOKですよ。
※屋外のアクティビティ活動という性格上、当社はアクティビティ中の飲酒をおススメできませんが、基本お客様のご判断にゆだねております。

6:ついでに氷上ジンギスカンを食べてみる。(オプション)

冬の屋外でのジンギスカンは、地元ではしばれ焼きとか言って楽しむことがあります。冬まつりでは定番です。

ここまでくると北海道民でもあまりやらない「氷上ジンギスカンパーティー」を楽しんでみるのもひとつです。普段は何人か集まれば行うジンギスカンパーティー、略してジンパですが、冬まつりなどでは「しばれ焼き」と称して行う場合もあります。弊社ではタレを漬け込んだ羊肉を使って、色とりどりの野菜やうどんなどで行います。札幌周辺には地場で育ったタレ仕込みのジンギスカンがたくさんあり、その店舗の個性がいまでも引き継がれています。
試食がてら味わってみるのも良いでしょう。
(肉や野菜などは手配し、用具は弊社で有償にて準備いたします)

7:そのほかの愉しみも探してみましょう。(オプション)

ワカサギ釣りをコアにして、札幌圏の色々な遊びやくつろぎ(スノーモービル体験やおすすめ温泉入浴など)をカスタマイズできますので、お気軽にお問合せください。北海道観光マスター&札幌シティガイド常駐ですのでできる限りフォローさせていただきます。


2020~21年度スケジュール

開催期間2020年12月26日~2021年3月21日
平日月曜日、金曜日を除く毎日催行
催行時間9:00~15:00(移動時間等含む)
催行人員2~5名様(最少催行人員2名様)
難易度初級 (easy) ★☆☆
体力レベルレベル1 (LV1) ★☆☆☆☆
ガイドレシオ1:6
料金(税込)大人:7,900円
中学生・高校生:5,900円
3歳~小学生:4,900円
年齢満3歳以上(中学生以下の方が参加の場合、保護者の同伴が必要です)
満3枚未満の乳幼児同伴の場合は、保護者同伴に限り無料となります。
料金に含まれるものレンタル料(テント、竿、チェア、ウエア)、暖房費、ガイド料、試食代、保険料
料金に含まれないものハイレンタル料、ドリンク代、オプション体験代、ジンギスカン手配代

当社では「Go Toトラベル」関連商品やサービスが利用できます。

kkdayより「Go Toトラベル」対象の日帰りツアーとして当社体験が発売されています。大人2名の場合だと15,800円のところ、10,270円でご利用できて、2,000円分の地域共通クーポン(電子)が付与され、強烈にお得になります。

上記3サイトでは、GoToトラベル地域共通クーポンが使える商品を発売中です。
電子クーポン、紙クーポンともにご利用いただけます。
ダイナミックパッケージなどをご利用されて来道される方に便利です。

※いずれも2021年1月31日宿泊分までの利用予定です。


    HORTO札幌へのお問合せはこちらのフォームをご利用くださいませ。
    ※このフォーム送信によりご予約が確定するものではありませんので、ご注意くださいませ。

    お名前(必須)

    ご連絡用メールアドレス(必須)

    ご連絡用電話番号(必須)

    お問合せ事項
    ご予約希望ご予約お取り消し希望空き情報確認その他お問合せ

    ご利用希望日時

    大人利用人数(13歳以上)

    小人利用人数(3~12歳)

    お問合せの詳細

    ツアー催行元

    HORTO札幌
    (合同会社 北海道地域観光計画)

    〒061-0234
    北海道石狩郡当別町西町23番地6
    電話:0133-27-5918
    ファクス:0133-27-5919

    北海道知事登録旅行サービス手配業第61号